このページの本文へ移動

特許業務法人翔和国際特許事務所

代表挨拶

ご依頼者様のために私たちができること。

知財立国をスローガンとした知的財産基本法の制定以降、企業間競争のグローバル化のさらなる促進や通信を始めとした技術の進歩の影響を受け、知的財産を取り巻く環境は著しく変化しています。そのなかで、昨今の知的財産権は単に権利化していれば安心できるものではなく、多角的な権利の獲得、防衛、行使を見据えた“高次の権利化”が必要です。これらを正確に素早く見きわめ、ご依頼者様の知財戦略や特許ポートフォリオの構築、更なる技術の発掘をサポートすることが、私たち翔和国際特許事務所の役割だと考えております。
この実現のため、当事務所は「プロフェッショナルとしての自覚と自負」「スピーディできめ細かいサービスの提供」「技術・発明の本質を見抜く力」をキーフレーズに掲げ、ご依頼者様の権利の獲得に留まらず、事業戦略や事業発展に寄与していくことを目指しております。

松嶋 善之 上半身写真

特許業務法人 翔和国際特許事務所
代表パートナー
松嶋 善之